不動産会社を選ぶ目が大切です

一生に一度の大きな買い物である家を購入する場合、素人にとってはわからないことだらけです。

ほとんどのひとが何十年かの住宅ローンを組み、建て替えや買い替えをすることはあるかもしれませんが、それも一度あるかないかというレベルであり、夢のマイホームという言葉もあるほど、人生を左右する大きな買い物であるといえます。

家を購入しようと方向を決めたあと、不動産会社を回ったり、ホームページを検索したりして、まずは物件を探し始めます。


住宅展示場に足を運び、ハウスメーカーの担当者の説明をききながら、どんな家を買いたいのかの方向性を決めていくとよいでしょう。


そして実際に現実的に物件を見に行き、不動産会社に足を運んで相談したりするようになった段階で、選んでいる不動産ばかりに目を向けるのではなく、その不動産会社や担当者も同じように選ぶことが必要です。

そもそも家は、専門家でもないかぎり、細部にまで目が届きません。
何がよくて何が悪いのか、ということが分からないまま購入しなければなりません。
きれいな新築物件でさえ、欠陥住宅である場合もあります。

同じように見える木の柱でさえ、材質が違えば価格も強度も違うのです。
よいことだけをアピールするのではなく、悪いことも判断して親身になってアドバイスしてくれたり、不安や悩み、希望を何度でも親身になって相談にのってくれたりする、そういう担当者、そして不動産会社で購入を相談して購入していきましょう。


だれもが憧れる自分のマイホームを、満足のいく形で気持ちよい買い物をするためのひとつの方法であるといえます。ある程度の資産を持っている人が、子孫に残そうと思うのであればアパート経営に乗り出すのはいい方法です。
仮に現金で残すとなると相続税をかなり取られてしまいます。
相続税の最高税率は50パーセントもあるからです。
その点アパート経営ならば、かなりの税金を減らすことができます。
土地の部分も買った瞬間から価値が下がります。
実際の価値が下がるわけではなく、簿価が下がって、税金の計算のベースが下がるのです。さらに建物はさらに年数が立てば価値が下がっていくので、現金よりも相続税の額は大幅に軽減させることができるのです。


さらにアパート経営であれば、家賃収入という消えてなくならない資産も残すことが可能になるのです。
しかし、アパート経営の相続税対策をさらに完璧にするには、建てる場所や建物のグレードにも気を使わなければなりません。すぐに劣化する安物のアパートでは、引き継いだ子孫がアパート経営を続けられない可能性があるからです。
そうなってしまうと、結局売却せざるを得なくなり、節税効果が減ってしまう恐れがあるからです。
アパート経営に適している立地はまず交通の便が考えられますが、そういう場所は地価も高く、かなりの投資額が必要になります。
しかしその他にも、いろいろ条件があります。例えば近くに大学や企業の工場などがあるのは好条件と言えるでしょう。

大学などはそうそう移転するものではありませんから、安定した需要が見込めます。
さらに入居者の回転が早く、家賃滞納などのリスクも少ないと言えます。


大きな向上の近くも同じような条件でメリットがあります。
単身者向けのアパートであれば、こちらも回転率の高さが魅力的になります。


こういった物件を、個人で見つけることはかなり難しいでしょうが、専門の業者がいますから、そこに依頼すれば、いい条件でアパート経営に乗り出せるチャンスはあります。せっかくの資産を国に取られることよりも、子孫に残したいと思うのは誰しも同じです。

東京のフロアコーティング情報探しの最新サイトをご用意いたしました。

特別な神奈川の外壁塗装情報を簡単に請求できます。

神奈川のリフォームサイトを今すぐ確認してみましょう。

玄関の交換情報サイトをご利用下さい。

松戸でトイレ交換に関する情報を提供中です。

https://4meee.com/articles/view/19080

http://www.excite.co.jp/News/car/20140302/Autoblog_caterham-seven-130-at-osaka-motor-show-2013.html?_p=4

http://news.biglobe.ne.jp/topics/economy/0831/55007.html

関連リンク

ライフプランに合ったマンションを選ぶ事が大切

地方であれば、結婚後に一軒家を購入する人が多いが、都市部では一軒家を購入する為の土地も少なく、価格も高い為、一軒家ではなくマンションを購入する人が多い。また地方であっても、一軒家よりマンションを選択する人もいるだろう。...

more

オフィスでの情報集約に役立つファイルサーバ

昨今のITのビジネスにおいては、業務で作成したデータを始めとして様々な情報をどのようにまとめるかが大きな課題となっています。情報がバラバラに分散していれば、いざデータが必要になった時に時間がかかり、大変非効率です。...

more