• 変わりつつある葬儀の形

    • 葬儀、と言えば昔は親戚、友人知人だけではなく、職場やご近所の方々にも知らせ、参列してもらうものが一般的でした。



      しかし時代は変わり、今は現代社会に合わせて葬儀の形も変わってきています。

      朝日新聞デジタルのお得情報を公開します。

      そんな中でも特に最近多くなっているのが家族葬と言う形の式です。
      家族葬、とは言ってもその内容には様々なものがありますが、簡単に言うならばこれまでの大きな形のものとは違い、その名の通り家族や、その他ごく親しい方のみをお呼びして内輪のみで行う式のことを指します。



      その特徴は、式にあまり参列者が来ないことで、通常なら応対や準備等で慌ただしくなってしまう家族の方々がゆっくりと故人との最後の時間を過ごせるということです。

      これまでの葬儀では事前の準備、参列者の応対に始まり、終わった後も香典返しのチェックと発送など、多くのやらなければならないことが存在するので、こういったことが少ないことは家族にとっても良いことと言えるかもしれません。


      また、費用の点でも家族葬にはメリットがあります。

      多くの場合で通常の式に比べて小規模で内容も自由にできるので、掛かる費用は抑えめになるからです。

      費用面を理由に、残される家族のために生前から家族葬を行うように希望する方も多くなっています。

      まさに、家族葬は社会の繋がりなどの変化に合わせて登場してきた新たな形の葬儀という事になります。そして、社会の変化に合わせて、これからも葬儀の形は変わっていくかもしれません。

  • よく解る情報

    • 音楽葬による葬儀の特徴

      葬儀のスタイルの一つに音楽葬というものがあります。この音楽葬の特徴としては、音楽を中心にして葬儀を行い、故人が生前好きだった楽曲を生演奏、あるいはCDで流しながら故人を偲ぶという葬儀のスタイルになります。...

  • 葬儀の話

    • 葬儀の形式には選ばれる理由がある

      葬儀はその土地や習慣などによってもさまざまなものがありますが、大体は大きく分けると4種類の形式のなかから選んで執り行うことが多いといいます。たとえば、葬儀には直葬、一日葬、一般葬、家族葬というものがあるのですが、大体この4つが主に選ばれることが多いということです。...

  • 詳しく知りたいなら・知りたい葬儀事情

    • 葬儀のときに服装のマナーを知っておくといい

      葬儀にはいろいろなマナーがあります。たとえば、葬儀には喪服を着ることが当たり前ですが、なぜ喪服を着るのか、というと、ご遺族が喪に服しているということを意味するからです。...

    • 葬儀の日取りはすぐに相談しましょう

      いま、お通夜やお葬式、法事などを行う場合、自宅ではなくセレモニーホールの利用をされている方が多い傾向があります。一般常識程度のことは葬儀についても分かっている方も多いかも知れませんが、いざ急に喪主の立場になった時に、何から段取りを始めて良いのかわからず、動揺してしまうというケースも多いのではないでしょうか。...