• 葬儀の形式には選ばれる理由がある

    葬儀はその土地や習慣などによってもさまざまなものがありますが、大体は大きく分けると4種類の形式のなかから選んで執り行うことが多いといいます。


    たとえば、葬儀には直葬、一日葬、一般葬、家族葬というものがあるのですが、大体この4つが主に選ばれることが多いということです。

    それぞれの形式に特徴がありますが、ご遺族が選ぶことが多いといいます。ですが、それ以外にも故人が生前に希望をして形式を選んでいる場合もあります。



    葬儀の形式で最近よく選ばれることが増えてきているのが家族葬です。

    家族葬とは、その言葉通り、故人の家族であるご遺族、そして故人と親しかった人たちだけで執り行われる葬儀の形式です。流れは一般葬の縮小版と考えるとわかりやすいです。

    安心、信頼のgoo ニュースについて分かりやすくまとめてあります。

    ご遺族がしっかりと故人を見送ることができる時間を持つことができるということで、大都市圏を中心に選ばれることが増えてきているといいます。
    家族葬は少人数で執り行うことがほとんどですが、少ないときはご遺族と親しい人数人だけで執り行うことも可能ですし、多い場合は50人ほどで葬儀を執り行うご遺族もいるということです。



    また、家族葬ではお香典をいただくことがない場合が多いので、費用はご遺族がほとんど負担することになります。なので、家族葬を執り行うときには事前にそのようなこともしっかりと理解してから選ぶようにすることが大切です。


    直葬や一日葬、一般葬などもそれぞれに選ばれる理由があります。