• 葬儀のときに服装のマナーを知っておくといい

    葬儀にはいろいろなマナーがあります。

    たとえば、葬儀には喪服を着ることが当たり前ですが、なぜ喪服を着るのか、というと、ご遺族が喪に服しているということを意味するからです。



    正式な場で着用するモーニングや和装などと、略式の服装として着用するブラックスーツやブラックフォーマルと呼ばれるものがありますが、葬儀に参列する側は、故人を偲ぶための正装をするという意味で、略式の礼服であるブラックスーツを着用することになります。
    もし正式のものを持っていたとしても、親族よりも格が上になったりしないようにするため、略式の喪服を着用するように気をつけます。

    あなたに合った条件のロケットニュース24の情報ならお任せください。

    また、喪章はご遺族の関係者であることを示すので、喪章を腕に巻くことで喪服代わりになる、という考えがありますが、それは誤りなので、そのようなことはしないようにしておきます。


    それから、アクセサリーなどについてですが、男性は結婚指輪以外のアクセサリーは外しておくのが望ましいです。


    ネクタイピンはつけないのが通例になっています。

    女性の場合も、アクセサリーは結婚指輪程度にしておくようにします。



    メイクも控えめなものにして、ネイルなどもカラフルなものは避けておくといいです。

    髪は黒いゴムやヘアピンなどでシンプルにしておくようにします。

    パールのネックレスを身に着ける場合は、1連の物をつけるようにして、2連のものは絶対に避けておきます。このように葬儀に参列するときには気をつけなければいけないマナーがたくさんあるので、あらかじめ確認しておくようにするといいです。