都心のオフィス環境を考える際に重要となる要素

都心のオフィス環境を考える際に重要となる要素としては、費用対効果をいかに考えるかです。都心であれば利便性は抜群であり、通勤するにしても顧客を呼ぶにしても大いにメリットがありますが、その分価格は非常に高くなります。その釣り合いをいかにして取るかが重要な視点となります。

最近ではオフィスにおいても費用対効果を求められ、特に都心に置く必要がないものであれば、地方で経費の安く抑えられるエリアに移転するということも行われており、基本的な経費についても見直しが求められる環境となっています。

その背景としては、商品競争力をもたせようとする場合には、人件費を始めとしてコストを見直すことが非常に重要となり、固定支出となるオフィスの見直しについても大きな役割を持ってくるということです。事務所経費については、毎月一定額の支払いが必要となり、長期にわたって影響してくる出費であるため、このベースを抑えることができれば、非常に有効となります。


自社ビルを持っている場合にはこういった心配はありませんが、維持費などを考えて、高値で不動産を売却できるようなら、移転するということも方法としては有効です。また、最近は機能性を持ったオフィスも人気であり、最新の建物に入居するということが、トータルとしてのコスト管理を高めることにもつながります。

防災面についても最新のものの方が耐震性能も優れていることが考えられますし、オフィスの防犯を考えても、セキュリティはどんどん向上していることから、警備会社を直接雇ったりすることを考えると効率がいいということも言えます。

また、設備が新しいということで、電気代を抑えることができたり、ビル全体で太陽光発電をしているなど、独自の電源を持っているなどの特典がある場合もあり、オフィス探しをする際に、付加価値として付けられるものが増えてきています。

そう考えると、高性能なビルの場合は、自社での負担を減らすことにつながります。
会社事務所の移転を考えて新しい物件を探すときには、賃貸オフィスの情報サイトの活用が便利です。


エリアや賃料や面積など、様々な条件で希望するタイプの賃貸オフィスを絞り込めるので、事務所の移転を成功させるためにも非常にお勧めのサイトと言えます。
その中にはこだわりの物件を集めた特別のコーナーもあるので、快適なオフィスへの移転を実現させるためにも、そのようなこだわりのある物件に注目するのがお勧めだと言えます。
その中でも最近注目されている物件にはクオリティーの高いものが多く、特に耐震性能が高い建物や免震構造のビルの中にある賃貸オフィスが注目されているのです。

そのような物件であれば、実際に大地震になったときの従業員の安全が確保出来るだけではなくて、災害時にも事業を継続して行えるために、顧客からの評価も高まると言うメリットもあるのです。

また一棟貸しの賃貸オフィスの場合には、賃貸物件であっても自社ビル同様に自由自在に使えるメリットがあり、本社機能を移転させたいと考えるときにも非常にお勧めできるのです。

また賃貸オフィスを探しているのは企業だけではなくて、独立開業を目指している病院の勤務医のケースも数多くあります。
そのためにクリニックにも活用できるような、手ごろな面積で設備の充実している物件にも注目が集まっているのです。また賃貸事務所の中でも各種教室に活用できる物件も人気があり、特に駅前の目立つロケーションで手ごろな賃料の物件は非常に注目されているのです。

また店舗として活用したりショールームとして活用する場合には、一階部分の賃貸オフィスにこだわって物件を探すケースも数多くあるのです。一階部分の物件は目立つだけではなくて、荷物の搬入にも便利であり、様々な業種に人気があるのです。


また新たに賃貸オフィスを探す場合には賃料などのコスト削減を目指す場合にもあり、特に移転時の初期費用も節約できるこだわりの物件を希望するケースも多いのです。

















関連リンク

キレイなオフィスを選ぶこと

キレイなオフィスを選ぶことは、仕事をして展開させていくためには、重要なことです。まずオフィスには、お客様がきます。...

more

オフィスでの身だしなみ

働く女性にとって、オフィスでの身だしなみは大切なものです。同じオフィスで働く人たちに対しての印象はもちろん、来客やクライアントへの印象もしっかりと考慮することが大切です。...

more