オフィス探しや移転の時に

オフィスを探しや移転の時には、不動産屋をまず選ぶところからはじめていくといいと思います。
特に、不動産屋では自分自身のオフィスのイメージを伝えられてそのイメージにより近いものを探してくれる所がオフィス探しのはじまりです。
それから、希望のオフィス、イメージのオフィスを何度も足を運んで周りの環境や中の使いやすさも良く見ることが今後大切な事になります。毎日使うオフィスですので、従業員も使うのであれば仕事場は明るいところや窓がある所を選ぶと、生き生きする現場になることです。
オフィスも雰囲気があると思いますが、仕事している人達が過ごしやすい所は、効率がとても上がりますので、それも大事にして不動産屋もそれを教えてくれるプロフェッショナルな所で決めると成功する秘訣でもあります。オフィスは受付もある所もあり、一人でされる場合は、そのような所があるかどうか聞いてみると良いと思います。

場合によっては、フロアーに会議室もついているところがあるので、一人でも何かのサポート体制が整っていると尚、仕事がやりやすいので、確認してみる価値はあります。
不動産によっては、いろんな形のオフィスを持っているので、色々と聞いてみるとデザイナーズのような、おしゃれな形も見つかります。



どんなところで、どんな風に仕事をしたいかをイメージしてみる事で新しい場所が見つかります。

新しい場所での仕事をするのですから、吉方等も取り入れてみる事で迷っている場合はよりよい選択ができるはずです。



とにかく、自分自身が良いと思える所が出てくるまで、じっくり時間をかけて探していく事をお勧めします。やはり、全てに縁がありますから、そういった場所選びは大事にしていくとこれからの飛躍につながります。



それは、使っているものにとってとても感じる事ですので、最終的には自分のここだと仕事が上手くいきそうだという直感を生かしていくといいのではと思います。
業績が伸びる気がするそんな場所が今後選ぶ価値がある所です。

長くエンジニアをしてきて、お客様先や、転職など、いろいろな環境で作業をしてきました。



中でもよかったのが、ラジオを流しているオフィスです。
集中力に影響すると思われるかもしれませんが、音楽に集中すると、同時に仕事にも集中することができました。
好きな曲が流れている間はちょっと休憩して聞きいることもありましたが、モニタだけを見ているよりも、曲が終わった後の仕事ははかどることができました。



一日中、しんと静まり返っていたり、口の悪い上司が気に入らない事について延々と怒鳴っていたりするのは、いい環境とは言えません。



サッカーのワールドカップ用にテレビをつけた職場もありましたが、あれはやりすぎだと思いました。

何より、サッカーが続いている間中、テレビの周りに集まり、仕事を一切せず、叫び声だけが響くオフィスは、サッカーが好きならすべて許される、という雰囲気になり、その間も騒音の中で仕事を続けているのがバカらしくなりました。当時住んでいたマンションもそんな感じで騒いでいたので、サッカーが大嫌いになってしまいました。
そこにいる全員がサッカー好きではないのに、オフィスにテレビまで置いて見たいなら、有給とって家で見てください、と思います。



もしくは、サッカー鑑賞用の部屋を作るとかしてほしかったです。もちろん、そこにいる間の給与はきちんと差し引いていただくのも前提です。



オフィスには様々な考え方、やり方をする人がいます。


快適で居心地がよく、残業せずともいい程度で仕事ができるオフィスが、会社にとってもよいオフィスと言えるでしょう。残業代目当てでわざとゆっくりと仕事をしたりしなくても、きちんとした評価で給与をいただくことができ、静かすぎず、騒ぎすぎず。
椅子は座りやすく、長時間のパソコンは禁止とし、喫煙者が社内禁煙だからといって外に吸いに行くのもきちんと給与に反映させること、など、よいオフィスを作るには大変なことも多いですが、本当に快適なオフィスは離職者を出さず、成長を続けていけると思います。

関連リンク

キレイなオフィスを選ぶこと

キレイなオフィスを選ぶことは、仕事をして展開させていくためには、重要なことです。まずオフィスには、お客様がきます。...

more

オフィスでの身だしなみ

働く女性にとって、オフィスでの身だしなみは大切なものです。同じオフィスで働く人たちに対しての印象はもちろん、来客やクライアントへの印象もしっかりと考慮することが大切です。...

more