• 音楽葬による葬儀の特徴

    葬儀のスタイルの一つに音楽葬というものがあります。この音楽葬の特徴としては、音楽を中心にして葬儀を行い、故人が生前好きだった楽曲を生演奏、あるいはCDで流しながら故人を偲ぶという葬儀のスタイルになります。
    このような音楽葬というスタイルではなくても、最近ではバンドの生演奏やCDを流すといった音楽葬のようなスタイルで葬儀が行われることも増えてきています。



    音楽葬ではどのような音楽を流すのかといったことを企画する必要がありますし、生演奏をするのであれば、それを行うバンドを手配する必要性が出てきます。


    また、仏式の葬式であれば僧侶の了承を得ておくということも重要になってきます。ですから、音楽葬を行うのであれば、どの会社に葬儀を依頼するのかということが大事になってきます。


    これまで音楽葬を企画したことがある経験豊富な会社に依頼すれば、式も充実したものになる可能性が高くなります。


    音楽葬の費用の目安としては、音楽を演奏家に依頼するかCDなどを音響装置で流すかによって異なりますが、およそ100000円から500000円くらいが相場となってきます。

    注意しておきたい点としては、式場選びの段階で公営斎場であれ民営斎場であれ、式場によっては音を出すことを禁止されている式場も多くあるので、選べる式場の数は限定的になってくるという点です。

    毎日新聞に出会えて満足です。

    ただし、音楽葬に精通している会社に葬式を依頼すれば、式場選びも音楽葬にふさわしい会場を選んでくれる可能性が高くなります。